So-net無料ブログ作成

ハウステンボス④光の街 [観光スポット(長崎)]

IMG_9331.JPG

 ハウステンボスの夜は、広大な敷地全体が、イルミネーションで満たされます。

 カナルクルーザーが通る運河では、クルーザーが近づくと噴水も上がり、光の中を進む感じです。

IMG_9309.JPG

IMG_9332.JPG

 
  光の滝のあるドムトルーンへ向かいます。

IMG_9315.JPG

 大迫力のイルミネーションの滝です。

IMG_9323.JPG

 四季の景色も見られます。

IMG_9324.JPG

IMG_9326.JPG

 レインボウカラーが鮮やかです。

 ドラゴンも現れました。

IMG_9328.JPG


 光の天空ツリーのところです。

IMG_9336.JPG

 高さ30mあり、いっぱいに広がっています。

 光の放射状のラインも繊細な美しさです。

IMG_9338.JPG

 下にある美しい彫刻の像も浮かび上がっています。

IMG_9337.JPG

IMG_9340.JPG


 ハッピーレインのアンブレラストリート

IMG_9344.JPG

 1000本のカラフルな傘

 音楽に合わせて光が変化します。

IMG_9345.JPG

 スリラーシティーのマッピングイルミネーション

IMG_9303.JPG

IMG_9357.JPG

IMG_9360.JPG

IMG_9367.JPG

太鼓の達人も3Dプロジェクションマッピングであり、ゲームをされる方たちのその得点などが

軽快なゲーム音楽にのって、映し出されます。

IMG_9374.JPG

IMG_9372.JPG

 アトラクションタウンのところ

IMG_9335.JPG

 実物大のパトレイバーもありました。

 
 最後に、高さ105mのドムトルーンの展望台に昇りました。

IMG_9382.JPG

 展望台は80mの場所にあります。そこからの眺めです。

IMG_9386.JPG

 光の天空ツリーも遠くに見えています。

IMG_9390.JPG

IMG_9393.JPG

IMG_9394.JPG

 近くまで行って見ていないところもありましたが、それでも光の街の散策をいっぱい楽しんだことでした。

 最終便のカナルクルーザーでゲイトに向かいました。

IMG_9399.JPG








ハウステンボス③イルミネーション [観光スポット(長崎)]

IMG_9239.JPG

 ハウステンボスも、7時を過ぎると、アジサイロードのほうも、

 イルミネーションが光って、きらめきの景色に変わってきます。

IMG_9183.JPG

 パレスハウステンボスの入り口です。

IMG_9188.JPG

 木々のイルミネーションが、ユリまで照らしています。

IMG_9238.JPG

IMG_9235.JPG

 月も顔を見せてきました。

IMG_9237.JPG

IMG_9196.JPG

 奥のほうにある、バロック庭園では、

 「光のオーケストラ ジュエルイルミネーションショー」を時間的に何回か見ることができます。

IMG_9221.JPG

 音楽に合わせて、イルミネーションの光り具合が変わり、噴水も良い景観を演出します。

IMG_9232.JPG

 
 ハーバータウン

IMG_9243.JPG

 跳ね橋も白く光っています。

IMG_9247.JPG

 ドムトルーンは、赤く灯り、運河にも光が映っています。

 もう8時前なのに、まだ空はうっすら明るいです。暗くなるのが遅くなりました。

IMG_9241.JPG

 アムステルダム広場

IMG_9248.JPG

IMG_9257.JPG

 白く光る建物と月の眺めもなかなか良いです。

 ユリの向こうのアーチなども煌めいています。

IMG_9260.JPG

 白いベールに包まれ、なんだかロマンティックな眺めです。

IMG_9261.JPG

 建物の壁には、プロジェクションマッピングで、いろいろな模様が浮かび上がります。

IMG_9264.JPG

 花時計

IMG_9269.JPG

 クリスマスツリーのようにして輝いています。

IMG_9270.JPG

 幻想的な感じです。

IMG_9268.JPG

IMG_9271.JPG

 ライトアップされたハウステンボス

 これから宵が深まるにつれ、光の織りなす世界がまだまだ広がっていきます。

 次回に続きます。



ハウステンボス②ホテルヨーロッパ・アムステルダム広場 [観光スポット(長崎)]

IMG_9112.JPG

 ホテルヨーロッパです。

 中では、アジサイやユリのアレンジメントが素敵にディスプレイされていました。

IMG_9117.JPG

IMG_9114.JPG

IMG_9118.JPG

 ヴェネツィア・ガラスのバードツリーもありました。

IMG_9122.JPG

 木にとまる小鳥たちのしぐさも可愛らしく、優美なガラス作品です。

 ユリの涼しげな生花

IMG_9127.JPG

IMG_9130.JPG

 香しい、気高い感じもする百合の花です。

 テーブルセッティングのところにも、アジサイの花が引き立っています。

IMG_9132.JPG

 ユリとアジサイのコラボ

IMG_9133.JPG

IMG_9134.JPG

 ホテルヨーロッパを出て、ドムトルーンのほうを見ると、少し晴れ間も見えます。

IMG_9138.JPG

 この日は、小雨も時々降ったりするような日でしたが、夕方近くになるにつけ、明るくなってきました。

IMG_9143.JPG

 ハーバータウンのほうです。

IMG_9141.JPG

IMG_9140.JPG

 跳ね橋

IMG_9145.JPG

 アムステルダム広場のほうへ行くと、そこにもアジサイ、百合の花の素敵な眺めが見られました。

IMG_9146.JPG

IMG_9148.JPG

IMG_9155.JPG

IMG_9158.JPG

 レストランや舞台もあり、音楽やダンスなども楽しめるところです。

IMG_9165.JPG

 八重のゴージャスなユリ

IMG_9166.JPG

 黄色いユリも色鮮やかです。

IMG_9151.JPG

 そろそろ、建物内の電燈や、外灯がつきはじめました。

IMG_9170.JPG

IMG_9174.JPG

 光の街ハウステンボスへと変わっていきます。

 次回に続きます。





ハウステンボス① [観光スポット(長崎)]

IMG_9004.JPG

 ハウステンボスの入り口です。

IMG_9006.JPG


 入場してから、カナルクルーザーで運河を渡ります。

 オランダらしい風車も見えてきました。

IMG_9007.JPG

 宿泊する、ホテルオークラハウステンボスも運河沿いに見えます。

IMG_9010.JPG

 目的地のドムトルーンのタワーが見えてきました。

IMG_9013.JPG

 ここで降ります。

IMG_9016.JPG

 ハウステンボスでは、アジサイ祭りが終盤で、ユリ祭りに替わろうとしている時期でした。

 アジサイロードです。

IMG_9033.JPG

 もうだいぶ傷んでいるのではと、あまり期待はしていませんでしたが、

 まだまだきれいなアジサイたちが咲いています。

IMG_9031.JPG

IMG_9030.JPG


 あまり目にしないような珍しいアジサイもあります。

 ウェディングブーケ

IMG_9049.JPG

 2色使いのような花もありました。

IMG_9032.JPG

IMG_9019.JPG

IMG_9038.JPG

IMG_9039.JPG

IMG_9044.JPG

 アジサイロードの先には、パレスハウステンボスがあります。

 そちらは、翌日7月からのユリ祭りの展示に、もう変わっていました。

IMG_9055.JPG

IMG_9054.JPG

 ユリは、蕾も多く、満開はこれからでしょうが、アジサイ祭り、ユリ祭り、両方楽しめて

 得した気分です。

IMG_9058.JPG

IMG_9060.JPG

 クラッシクカーも素敵に並んでいます。

IMG_9061.JPG

IMG_9070.JPG

 バラ園のところも、だいぶ花は少なくなっていますが、きれいな花も残っています。

IMG_9072.JPG

IMG_9075.JPG

 
 園内にあるホテルヨーロッパでは、アジサイやユリの素敵なディスプレイが

 あちこちにありました。

 また次回にアップしたいと思います。





佐賀 有田 [観光スポット(佐賀)]

IMG_8979.JPG

 ギャラリー有田の入り口にあった陶磁器の大皿。水盤として使われています。

 20日ほど前のことですが

 6月30日から7月1日にかけて、佐賀、長崎のハウステンボスに行ってきました。

 有田ギャラリー

 カフェと、器が展示販売されているお店です。

IMG_8960.JPG

 窓から見える段々になっているのは、全部珈琲カップです。

 通された席の側面です。

 お店の周囲をこのようにして、カップが陳列されています。

IMG_8962.JPG

 有田焼で有名な地だけあって、焼き物の町ということを実感させられます。

 食後の珈琲やお茶タイムのカップは、飾ってあるカップの好きなものを自分で選びます。

 私は、アジサイの絵柄のカップにしました。棚から取るときに、ちょっとドキドキします。

IMG_8963.JPG

 カップの下も繊細です。

 有田焼五膳です。

IMG_8966.JPG

 器にひもが結ばれ、おしゃれな感じです。

IMG_8968.JPG

 中には、松花堂弁当のようにして、いろいろな食材で作られたお料理が彩り美しく並んでいます。

IMG_8970.JPG

 食後のデザートと自分で選んだカップでの珈琲です。

IMG_8971.JPG

 モダンな絵柄のカップです。

IMG_8973.JPG

 銀河鉄道999をモチーフにした壺も飾ってありました。

IMG_8975.JPG

 店内の素晴らしい器などを見て回ったりしましたが、

 高価なものもあったりして、目の保養にもなることでした。


IMG_8978.JPG

IMG_8980.JPG


 有田ポーセリンパーク

IMG_8982.JPG

 17世紀以降、ヨーロッパの貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼。

 有田ポーセリンパークのシンボルでもあるツヴィンガー宮殿

 ドイツのバロック建築の華と言われたツヴィンガー宮殿を忠実に再現しています。

IMG_8985.JPG

IMG_8990.JPG

IMG_8992.JPG

 中庭にあるバロック庭園

IMG_8993.JPG

IMG_8995.JPG

 陶磁器の噴水があります。

IMG_8996.JPG

IMG_8998.JPG
 
IMG_8994.JPG 


 有田焼体験工房・飲食店・お土産品売り場・酒蔵などの施設があり「酒・器」のテーマパークとなっているようです。

 入場は無料ですが、老朽化も感じたことでした。

 建築物等、管理していくことは大変なことでしょうね。

 大きな風鈴がたくさんさがったものもありました。

IMG_8999.JPG


 この後、長崎のハウステンボスに向かいます。




庭のアジサイ [身辺のこと]

IMG_8880.JPG

 暑中お見舞い申し上げます。

 集中豪雨や、昨日は東京でヒョウが降ったり、異常気象が見られるこの頃です。

 福岡や大分での大きな被害に遭遇された方々、心から、お見舞い、お悔やみ申し上げます。

 自然災害の恐怖を感じることです。

 高温も続いたりしていますが、元気でこの夏を乗り越えたいですね。

 

 
 東京での記事が長くなってしまい、庭のアジサイも載せられないままでした。

 アジサイの花期は長いので、お部屋にも飾ったりしながら、室内外で楽しめたアジサイたちです。

 色が変化してくるガクアジサイ

IMG_7947.JPG

 最初は白から、しだいに赤い斑が入ってくるアジサイです。


IMG_8117.JPG

IMG_8884.JPG


 霧島の恵みという青いアジサイ

IMG_7936.JPG

IMG_8126.JPG


 飾り棚に飾った「霧島の恵」

IMG_7883.JPG

 西側に咲いた紫のガクアジサイ

IMG_8067.JPG

 床の間にも、青いアジサイと一緒に花瓶に挿しました。

IMG_8048.JPG

 オタフクアジサイ

IMG_8119.JPG

IMG_8118.JPG

 ガクアジサイの横に咲いています。

IMG_8875.JPG

 
 ダンスパーティー

IMG_7997.JPG

 買ったときはピンクでしたが、年を重ねるにつれて、紫色になっています。

 土の性質によるのでしょうね。

IMG_8919.JPG

 
 墨田の花火

IMG_8865.JPG

 ピンク系のアジサイです。

 風神

IMG_7927.JPG

 室内にある鉢植えのアジサイ

IMG_8052.JPG

 
 アナベル

IMG_8085.JPG

 グリーンから白になっていき、また終わるころにはグリーンになります。

IMG_7969.JPG

 このアジサイも大好きなアジサイです。

IMG_8872.JPG

IMG_8940.JPG


 紫の色の入り具合が素敵なアジサイ

IMG_8936.JPG

 山アジサイ

IMG_7890.JPG

 赤い斑が入ってきます。

IMG_8005.JPG

IMG_7933.JPG

 小ぶりで可憐な山アジサイです。



 母の日に、娘から送られてきた籠盛りのカーネーションが終わったので、庭のバラやアジサイを

 挿しています。

IMG_8922.JPG


 今の時期は、もうほとんどアジサイも終わって、ドライフラワーにして飾ったりしています。

IMG_9536.JPG


 庭のアジサイを一気に載せたので、画像が多くなってしまいました。


 咲き始めから、終わりまで、楽しめるアジサイたちです。





東京散歩⑮旧岩崎邸 [観光スポット(東京)]

IMG_8783.JPG

 東京で、最後に観覧したのは、旧岩崎邸です。

 明治29年、岩﨑彌太郎の長男、久彌の本邸として造られました。

IMG_8858.JPG

 外壁の左側は改装中でした。

 正面玄関から入っていきます。

IMG_8785.JPG

 洋館は、重厚で瀟洒な廊下や室内になっています。

 イギリスの建築家ジョサイア・コンドルの設計です。


 イギリス・ルネサンス様式やイスラム風のモティーフなども採り入れられているようです。

IMG_8791.JPG

 柱の装飾も見事です。

IMG_8793.JPG

 室内の壁の模様も素敵です。

IMG_8796.JPG


IMG_8788.JPG

 婦人客室

IMG_8794.JPG

 天井は、シルクの日本刺繍の布張りになっていて、手が込んでいます。

IMG_8803.JPG

IMG_8817.JPG

 素晴らしいガラス食器の棚もあります。

IMG_8804.JPG

IMG_8815.JPG

 バカラのフィンガーボールには、紙製の当時のシールが貼られているとのこと。

 現在は、バカラサインが彫られていますが、古き時代は、紙製のブランドマークが使われていたようです。

 ベランダのタイル

IMG_8800.JPG

 英国ミントン社製のタイルになっています。

 白地にミントグリーンが入った、好きな色合いの室内です。

IMG_8825.JPG

 壁や天井の装飾などで、部屋の雰囲気が変わり、その違いも見る楽しみがあります。

IMG_8822.JPG
 
 椅子の造りも凝っています。

IMG_8827.JPG 

 ステンドガラスもありました。

IMG_8830.JPG

 洋館から、和館へと続いています。

IMG_8831.JPG

 フクロウが描かれた板絵もありました。

IMG_8833.JPG


IMG_8834.JPG


 庭には、別棟としてビリヤード場もあります。

IMG_8844.JPG


IMG_8846.JPG

 財閥としての栄華な時代を感じることのできる建物などです。

IMG_8801.JPG

 岩﨑家の家紋が、三菱の社章のもとになったようです。

IMG_8856.JPG

IMG_8859.JPG


 東京での記事が多くなってしまいましたが、その土地その土地での雰囲気が違って

 存分に楽しめた東京散歩でした。



東京散歩⑭不忍池 [観光スポット(東京)]

IMG_8780.JPG

 上野の続きです。

 不忍池に咲いていたアジサイ。青い色が美しいです。

 ちょうど1か月くらい前のことになります。

 不忍池には、蓮の葉が一面を覆い尽くすようにして、茂っていました。

IMG_8755.JPG

IMG_8759.JPG

 アジサイの花も、あちこちでまだきれいに咲いていました。

IMG_8757.JPG

IMG_8760.JPG

IMG_8762.JPG

 池の中ほどにある「不忍池弁天堂」です。

IMG_8763.JPG

 不忍池に、中の島を築き、そこに建てられた弁天堂です。

 江戸時代創建時は、船で渡っていたようです。

 その後、参拝者が増えるにつけ、橋がかけられ、現在のように歩いていけるようになりました。

 七福神の一つ、琵琶を持ったお姿の弁財天が祀られています。

 長寿・福徳・芸能などに御利益のある神様です。

 見づらいかもしれませんが、階段の左側には、琵琶の碑もありました。

 参拝して、後ろから見た姿です。

IMG_8765.JPG

 池の四方八方から、見えるように、八角形のお堂になっています。


 池の淵には柳もそよいでいます。

IMG_8770.JPG

 スイスイと泳いでいる鴨

IMG_8771.JPG

 ボートを漕ぎながら楽しまれている方がたも見えます。

IMG_8774.JPG

 この時期は、まだ蓮の蕾しか見られませんでした。

IMG_8775.JPG

 今は、きれいに開いた蓮の花が、見ごろになっていることでしょう。

 
 池の中ほどにある道を歩きながら、旧岩崎邸の方へ向かいました。

IMG_8779.JPG

 次回が、東京での最後の記事になります。




東京散歩⑬五條天神社・花園稲荷神社・韻松亭 [観光スポット(東京)]

IMG_8749.JPG

 上野の続きです。

 東照宮から出て、歩いていると2つの神社が出てきました。

 五條天神社と花園稲荷神社です。

IMG_8728.JPG

 五條天神社

IMG_8751.JPG

IMG_8726.JPG

 健康祈願に御利益のある神社のようです。

IMG_8727.JPG


 花園稲荷神社

IMG_8750.JPG

IMG_8731.JPG

 こちらは、縁結び祈願に御利益があるようです。

 稲荷神社というと、たくさんの赤い鳥居が立ち並んで居るのが特徴ですよね。

IMG_8733.JPG

IMG_8736.JPG

 愛嬌のある狛犬たち

IMG_8738.JPG

IMG_8739.JPG

 そろそろお昼前になったので、神社近くの「韻松亭」でランチにしました。

IMG_8740.JPG

 閑静なたたずまいの落ち着いた料亭です。

 通された間です。

IMG_8741.JPG

 私たちは、早い組でこのときは、2組の方がもうすでにおられましたが、

 出るころには、ここも満席になっていました。人気のお食事処です。

 大きな一枚ガラスの側の席で、緑の木々たちが、目に爽やかに飛び込んできます。

IMG_8742.JPG

 季節の移ろいもこの窓から楽しめそうです。




 明治8年創業の老舗で、韻松亭という名前は、浅草で芭蕉の句を載せましたが

 「鐘は上野か浅草か」からきているようです。

 寛永寺の鐘楼に隣接することから、当時の博物館館長・町田久成が、松に響くさまを愛で

 韻松亭と名付けたとのことです。

 かの横山大観がオーナーだった時期もあるようです。


 テーブルにひかれた紙のマットも趣きがあります。

IMG_8743.JPG

 花籠本膳です。

 一の膳
IMG_8745.JPG

 湯葉、お刺身、茶碗蒸し、豆富

 
 二の膳

IMG_8746.JPG

 花籠に、美しく盛られたお食事です。どれから食べようか嬉しい迷いです。

 
 三の膳

IMG_8747.JPG

 豆ごはん、揚物、汁椀

 最後のデザートです。

IMG_8748.JPG

 水菓子の麩饅頭とマンゴーソースのムース

 ゆっくりとした気分で、それぞれに味わいあるお食事が楽しめる時間でした。


 次回は、不忍池へ続きます。



東京散歩⑫上野恩寵公園・上野東照宮 [観光スポット(東京)]

IMG_8660.JPG

 西郷隆盛像の近くに咲いていたアメリカデイゴの花。

IMG_8659.JPG

 大きな木で、たくさんの花をつけていて鮮やかでした。

 西郷隆盛像

IMG_8662.JPG

 上野を象徴する一つでもありますね。

 お天気も良くて、恰幅のいい西郷どんが犬を連れて堂々としています。

 そういえば、次回のNHKの大河ドラマになっていますね。

 上野公園は、とても広く、緑の木々も多く、散歩で廻るのにも良さそうなところです。

IMG_8670.JPG

 清水観音堂

IMG_8664.JPG

 月の松

IMG_8667.JPG

 浮世絵師、歌川広重の「名所江戸百景」で描かれている月の松

 150年ぶりに復活したとのことです。


IMG_8669.JPG

 博物館、美術館も建ち並ぶところです。

IMG_8676.JPG

 水辺の花の向こうに見える東京国立博物館です。

IMG_8679.JPG

 
 東京都美術館

IMG_8683.JPG

 この時期には、ブリューゲル「バベルの塔」展を開催されていました。

 この日が、月曜の休館日ということもあり、見られなかったのは残念でしたが

 もし美術館巡りしていたら、そこで時間が経っていたことと思います。

IMG_8684.JPG

 このバベルの塔は、徳島の大塚美術館で、原寸大の陶板画で見たことがあり、その大きさ、存在感に圧倒するものがありました。


 上野動物園もお休みです。その近くの公園です。

IMG_8685.JPG

 動物園の人気者パンダの看板もあります。

 子供が小さいころ、この動物園には来たことがあります。

 この日の夕方知ったのですが、私たちがこの近くにいるときに、この上野動物園で、

 パンダの赤ちゃんが誕生したとのこと。嬉しいニュースに、何だか心温まる思いが一段とすることでした。


 上野東照宮にお参りしました。

IMG_8687.JPG

 参道を歩くと、五重塔が見えてきます。

IMG_8689.JPG

 実は、この五重塔は動物園の敷地内に建っています。

 唐門です。

IMG_8695.JPG

 きらびやかな、立派な門です。

IMG_8698.JPG

 御祭神は、徳川家康、吉宗、慶喜 です。

 拝殿、本殿の敷地内も見て回ることにしました。

 大きなクスノキがありました。

IMG_8704.JPG

 樹齢600年で、この東照宮創建前からあり、上野の地を見守り続けている木です。

 透塀

IMG_8708.JPG

 菱格子の向こうが透けて見えることからこの名があるようです。

 上段下段には、動物たちや植物が彫られています。

 社殿

IMG_8705.JPG

IMG_8706.JPG

IMG_8712.JPG

 金箔がたくさん使われており、金色殿とも呼ばれているとのことです。

IMG_8715.JPG

 日光東照宮より、規模は小さいですが、それでも立派な唐門、社殿の造り

 その栄華も偲ばれます。

 きささげの木というものが、敷地内にありました。

IMG_8719.JPG

 樹齢は350年以上とされ、雷除けの願いを込められて植えられたようです。

 夏には、香りの良い淡黄色の花が咲くようです。


 次回に上野の記事続きます。