So-net無料ブログ作成
観光スポット(鹿児島県) ブログトップ
前の10件 | -

塩浸温泉 [観光スポット(鹿児島県)]

8D91C2A5-3037-469D-A5D1-D40B37946400.jpeg
坂本龍馬が、妻お龍さんを連れて訪れた日本初の新婚旅行と言われている霧島。

その中でも、もっとも長く滞在したのが、この塩浸温泉とのこと。

700C4677-4166-4612-A279-868E0C23FECD.jpeg6AA970CF-C505-4FAB-8B38-5182AC2675F6.jpeg
鴨たちも、のどかに、くつろいり、泳いだりしています。

D4A7DBFC-A482-4188-A904-2134F8649A4C.jpeg
7E1C0CC7-5921-4422-A73F-2A5BC510C60F.jpeg
川沿いの景色も、癒されます。

D326BF9B-9D2A-43B8-859E-F0BACE597CF8.jpeg
C0BC0A73-E248-4A94-A665-B88FCC3D7EE2.jpeg
587FCB40-5C1B-4DAC-8059-030DD6DACA0F.jpeg67E7CEAB-39F9-49FD-A85D-4493A3D8D06D.jpeg

小さな神社もあります。

階段の途中にある岩抱き杉
5D8B0FCC-1319-4E53-987B-9B899AD29E98.jpegAC1E0A81-B623-4DC6-B72B-B7FD25A0C8D3.jpeg

龍の背坂と呼ばれる石段もあります。

99DB7DD8-BFE1-49C3-8BE8-94C6FFBACAA3.jpeg
C0FC558C-4E0B-4DB5-B37D-F59BC10AC81A.jpeg
登ってから、眺めると、まさしく龍のようです。

EE6CB808-665B-478B-A469-C31C2468630B.jpeg
龍馬の、言葉が心に沁みます。

AA24115C-60BF-4525-A134-34D698E3CE9E.jpeg
龍馬の散歩道
自然豊かで、小鳥のさえずりも聞こえ、
歩きながら、心地いいです。

パワースポットと言われるのもわかります。

CC36C1C6-0841-4A18-97E4-E6C8B52DF99E.jpeg

途中で見た梅の花もきれいでした。

32B848F1-ADA0-4811-B6B0-93D77DADAD6C.jpeg
D6ED75D5-8F0E-4F29-9B6B-3BE1C5BD1656.jpeg85420418-3BF8-480C-AACA-6C0CEAD877F0.jpeg







nice!(41)  コメント(14) 

桜勘 [観光スポット(鹿児島県)]

35EC6260-417A-4ADF-9954-DB1D606FBB4C.jpeg
垂水漁港です。

どっしりとした桜島も、大きく見えます。

A4B3C972-2D4A-4897-9440-E30944A29D11.jpeg

漁港にある、お食事どころ[桜勘食堂]に来ました。

B714D2E3-9226-491C-B77A-3A52BE679081.jpeg

海の桜勘(うみのおうかん)とは、垂水市漁業のブランド養殖かんぱちです。

海の桜勘は、えさに鹿児島県産のお茶が配合されているとのことです。

お茶でさらに鮮度が保たれ、ビタミンEが増加し、コレステロール含量が減少するようです。

魚臭さがなくなり、身質の透明感が増し、より美味しいかんぱちになっています。

漬け丼定食

FBC33E4D-7622-4670-8A26-EC7B1A7174CC.jpeg
あぶり漬け丼定食
000E7A35-1241-466B-9EB5-170BC4847A2F.jpeg

とても美味しい海の桜勘の味でした。

壁に貼られていた漁船のポスターも、勢いが感じられて、良いなと思うことでした。

B64899F5-4B49-44A8-A3F5-A42D2E716940.jpeg

海沿いの道路から見える桜島。

9CBC4667-A89B-443F-A9A6-591A85AA9578.jpeg
1973EDCD-42A4-4560-A9D4-4ED53794F560.jpeg

車中から、撮っていますが、

噴煙を上げている桜島から、活動している山の息遣いのようなものも伝わってきます。

度重なる噴火で、山の側面も少しずつ変化しているように思うことです。

火山大国の日本。

許容できる範囲内でのガス抜きのような噴火は、その山らしさのような、見ごたえあるものに思いますが、

被災するような爆発的な噴火は、どうか起こりませんようにと願うしかないです。

自然の前では、どうしようもないものもありますね。

雄大な景色を楽しめる日常でありますように。


お正月用に生けた桜の花の蕾が開いて来ています。

E9A9D357-0FFB-46E1-99B0-56D293EDF26E.jpeg

生けたときは、まだ蕾でした。

67EAB7F4-6C5E-4389-9A76-7EB58E26E7F5.jpeg

桜の花は、春の到来を感じさせてくれますね。




nice!(40)  コメント(18) 

チューリップ畑 [観光スポット(鹿児島県)]

w3.jpg

今月初めのことですが、鹿屋市にある「ダマスクの風」に行きました。

チューリップが見頃で、たくさんの色とりどりのチューリップが楽しめました。

w4.jpg

w6.jpg

赤い色そして、白、ピンク、オレンジと、甲乙つけがたいそれぞれのチューリップ

w8.jpg

w12.jpg

花の形も、よく見るスタンダードなものから変った形もあって、種類の多さも感じます。

チューリップ以外にも、ネモフィラ、ポピーなどもきれいに咲いていました。

w11.jpg

赤いチューリップの合間にネモフィラが咲いて、その組み合わせも良いですね。

ポピー
w5.jpg

w9.jpg

芝桜

w7.jpg

チューリップ畑でのマロン

w10.jpg

一輪一輪の花も可愛いですが、集団の美も素敵ですね。


ここ「ダマスクの風で」は、幸せを呼ぶというブルービーが来るところです。

またその時期にここに来て、見られたらと思うことです。


ツツジやシャクナゲも、今きれいに咲いていて、見どころのある場所に行ってきました。

また後日アップしたいと思います。



nice!(57)  コメント(22) 

薩摩切子 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_4736.JPG

IMG_4737.JPG


薩摩切子の展示即売されているところです。

入ってまず、目についたのは、薩摩切子のひな壇です。

IMG_4728.JPG

お内裏様とお雛様

IMG_4731.JPG

IMG_4730.JPG


値段も、さすがです。

IMG_4727.JPG

他にも、美しい薩摩切子がたくさん見られます。

IMG_4735.JPG

IMG_4733.JPG

IMG_4732.JPG

仙巌園の中のブランドショップでも、薩摩切子や薩摩焼が見られます。

IMG_4764.JPG

IMG_4760.JPG

大きなウィンドウのところに、おしゃれにディスプレイされていました。

IMG_4761.JPG

IMG_4763.JPG

IMG_4762.JPG

チューリップも、可憐です(^_^)

IMG_4756.JPG

素晴らしい薩摩焼

IMG_4757.JPG


IMG_4754.JPG

IMG_4758.JPG

IMG_4759.JPG

桜華亭で、お昼をいただきました。

IMG_4746.JPG

IMG_4747.JPG

ちょうど眼前に、桜島が見える場所に通されました。

IMG_4748.JPG

フェリーの行き交う様子も見えます。

IMG_4750.JPG

IMG_4749.JPG

期間限定の季節ランチ、桜華膳です。

IMG_4751.JPG

彩もきれいな盛り付けで、目でも楽しめ、美味しい桜膳でした。


歴史や伝統、文化を伝える島津大名庭園、邸宅、そして季節膳など

たくさん楽しめた仙巌園でした。





nice!(63)  コメント(24) 

仙巌園 御殿 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_4935.JPG

仙巌園にある「御殿」です。

島津家歴代が暮らし、国内外の賓客をもてなしたところです。

江戸時代は別邸、明治時代からは一時本邸としてしようされています。

IMG_4937.JPG

玄関から中に入っていきます。

各部屋です。

IMG_4870.JPG

IMG_4875.JPG

行燈にも島津家の丸十紋が入っています。

IMG_4876.JPG

IMG_4877.JPG

中庭です。

IMG_4878.JPG

四方から見渡せます。

IMG_4884.JPG

落ちついたたたずまいの美しい中庭です。

IMG_4931.JPG

IMG_4932.JPG

IMG_4882.JPG

一段高くなっています。

IMG_4892.JPG

IMG_4893.JPG

素晴らしい板絵もあります。

IMG_4894.JPG

IMG_4910.JPG

IMG_4908.JPG

テーブルには、美しい薩摩切子のグラスものっています。

IMG_4904.JPG

欄間の模様も素敵です。

IMG_4907.JPG

IMG_4909.JPG


IMG_4915.JPG

IMG_4913.JPG

IMG_4924.JPG

御寝所

IMG_4927.JPG

IMG_4930.JPG

この御殿からの、眺めが素晴らしかったです。

IMG_4886.JPG

樹齢350年の「ヤクタネゴヨウ」という五葉松の存在感もありますね。

IMG_4896.JPG

室内の様子、調度類など、島津家の優雅な生活を偲ぶ思いで、見学することでした。



nice!(54)  コメント(20) 

仙巌園 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_4738.JPG

5日ほど前、鹿児島市にある仙巌園に行ってきました。

前に訪れたのは、もうずいぶん前で、20年以上前のことと思います。

名勝 仙巌園は、江戸時代初期、19代島津光久によって築かれた島津家別邸です。

目前の桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた壮大な庭園になっています。

IMG_4901.JPG

この日は、曇り日和で、ちょうど桜島の噴火の後で、桜島も煙ってはっきりしませんが

眼前に広がるスケールの大きい庭園です。

海外につながる「南の玄関口」としての薩摩の歴史もあり、海外の要人や

徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運んだところです。


時期がら、ちょうど桜がきれいに咲いています。

IMG_4742.JPG

正門

IMG_4952.JPG

門の上部中ほどに、島津家の家紋、丸十紋が、左右に同じく島津家の家紋の桐紋が彫られています。

丸十紋の発電所の記念碑もありました。

IMG_4953.JPG

IMG_4956.JPG

IMG_4955.JPG

明治40年、金山採掘のために建てられた発電所の一部のようです。

IMG_4957.JPG


錫門  朱色の美しい門です。

IMG_4940.JPG

屋根を錫で葺いていることから、この名前があります。錫は、薩摩の特産品です。

江戸時代は、藩主とその長男だけが通ることのできた正門のようです。


ヤクタネゴヨウ

IMG_4775.JPG

IMG_4772.JPG

絶滅危惧種の珍しい五葉松です。樹齢約350年という大きな存在感ある松です。


望嶽楼

IMG_4778.JPG

IMG_4780.JPG

池を見ると、散った桜の花びらが見られます。

IMG_4782.JPG

アメンボが、桜の花びらにのって流れてきました^^ハート型の美しい花びらです。

IMG_4781.JPG

波紋もハート型になっています。

IMG_4783.JPG

桜が美しいです。

IMG_4788.JPG

IMG_4790.JPG

IMG_4795.JPG

曲水の庭のところにきました。

IMG_4802.JPG

春は、ここで、「曲水の宴」という催しがあります。

IMG_4804.JPG

曲水の宴とは、上流から流した酒盃が前を通り過ぎないうちに詩歌を作り、

盃を取り上げて酒をいただく風流な宴です。

島津家に伝わる風流な宴のようで、

実際には見たことがないですが、TVでその様子を見たことがあります。

今年は、4月8日に開催されるようです。

IMG_4805.JPG

土手のほうにも、桜の木がきれいです。

珍しい名前の「ばくちの木」というのがありました。

IMG_4806.JPG

IMG_4809.JPG

皮が剥がれ落ちて、裸になる木の幹のようすから、

ばくちに負けて、身ぐるみはがれた様子にたとえての名前のようです^^

IMG_4821.JPG

桜の木の下の椅子のところに、着物姿の御婦人方が座っておられました。

景色に合いますね。


ハヤトミツバツツジなどの紫の美しい木々や、シャクナゲもありました。

IMG_4834.JPG

IMG_4828.JPG

IMG_4835.JPG


記事が長くなってきたので、また次回に続きます。



nice!(53)  コメント(25) 

暮れゆく静かな海 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_3874.JPG

佐多岬からの帰り、鹿屋市にある高須海岸に寄ってみました。

IMG_3875.JPG

巨岩の上の鳥居も良い眺めです。

IMG_3881.JPG

砂浜の岩の間をくぐって、向こうに渡ってみました。

IMG_3883.JPG

IMG_3884.JPG

日が西にだいぶ傾いて、もうすぐ沈もうとする時間です。

IMG_3885.JPG

照らされた海、美しい光景です。

ちょうど、白鷺が飛んできました。

IMG_3886.JPG

まるで、神の使いのような感じもして、とても神聖な気持ちになります。

IMG_3888.JPG

IMG_3890.JPG


明るい色に岩山も照らされています。

IMG_3913.JPG

嬉しいことに、ジョウビダキも来ました。

IMG_3908.JPG

しばらく柵にとまっていて、かわいいポーズをしてくれます。

IMG_3907.JPG

水平線あたりも、穏やかな色調を帯びています。

IMG_3910.JPG

IMG_3912.JPG

一刻一刻と、海の景色が変わっていきます。

IMG_3920.JPG

IMG_3922.JPG

自然からのギフトをたくさんいただいたような、満ち足りた気持ちになることでした。


nice!(67)  コメント(28) 

佐多岬 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_3804.JPG

錦江湾沿いを車で走行中、佐多岬方面に向かう途中に寄った浜辺です。

海の向こうには、開聞岳も見えています。

目の前に広がる、海と空の青の世界、のびのびと気持ちいいです。

IMG_3808.JPG

IMG_3810.JPG

IMG_3809.JPG

波打ち際のキラキラとした水面も、まぶしく美しいです。

IMG_3811.JPG


ふれあいパーク佐多にやってきました。

IMG_3812.JPG

北緯31度線展望広場です。

IMG_3814.JPG

IMG_3817.JPG

南国感たっぷりの風景が目の前に広がります。

IMG_3825.JPG

灯台も見えます。

IMG_3818.JPG


ここから、またしばらく南のほうに行くと、佐多岬公園観光案内所になります。

そこにそびえる大きなガジュマルの木

IMG_3827.JPG

切り株のところは、動物のようにも見えます。

IMG_3829.JPG

IMG_3850.JPG

最南端から眺める海の景色です。

IMG_3832.JPG

IMG_3851.JPG

西日に照らされた、穏やかな光景です。

北緯31度線は、ニューオリンズ、カイロ、上海と同じ緯度とのこと。

地平線の広がりは、壮大な気持ちにもなりますね。

IMG_3835.JPG

船も見えます。

IMG_3834.JPG

IMG_3847.JPG

ここから灯台方面へは、ちょうど工事中で行けませんでした。

I.jpg

IMG_3859.JPG

展望台なども完成すると、また一段と美しい眺めが楽しめることと思います。

観光案内所では、「本土最南端到達証明書」を販売しています。

IMG_3857.JPG


記念にスタンプなどを押して購入しました。また思い出の一つになります。

IMG_3981.JPG

IMG_3982.JPG



この後、帰路につきますが、夕日の美しい海を見ることができました。

また次回に載せたいと思います。





nice!(57)  コメント(15) 

海辺のレストラン「SAKURA」 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_3772.JPG

2週間ほど前のことですが、鹿児島県の最南端の佐多岬のほうに向かいました。

その途中で寄った、ランチビュッヒェ「SAKURA」です。

IMG_3767.JPG

和風の入り口から入っていきます。

IMG_3768.JPG

海が見えてきます。

IMG_3771.JPG

IMG_3773.JPG

オーシャンビューのレストランです。

IMG_3774.JPG

見下ろす海がキラキラと輝いて美しい眺めです。

IMG_3775.JPG

友人からも、眺めも良くてランチバイキングも美味しいよと聞いていました。

ちょうどお客様も多くて、待ち時間がありました。

IMG_3796.JPG

この左側から、海のほうに下りられる階段もあったので、降りてみることに。

海のすぐそばまで来ました。

IMG_3784.JPG

お天気も良くて、空も海も穏やかな気持ちになる青、

癒される気持ちの良い眺めです。

IMG_3785.JPG

IMG_3794.JPG

こちらは大隅半島ですが、むこうの薩摩半島の開聞岳もうっすら見えていました。

IMG_3805.JPG

オープンテラス席もあります。

IMG_3779.JPG

春から初夏など、暖かくなって気候が良くなったら、潮風を感じながらのここでの食事も良さそうです。

時間がきて、ランチビュッフェいただきました。

新鮮な魚介類から季節の食材、和洋中とバラエティーに富んでいて、とても美味しいビュッフェでした。
(バイキングでしたので、写真は撮りづらく、食事の写真はないです(^-^;)

スイーツもいろいろなケーキ、果物、チョコフォンデュと充実しています。

IMG_3797.JPG

噴火している桜島も見えました。

IMG_3799.JPG

素敵なロケーションとお食事を楽しめた「SAKURA」です。

IMG_3803.JPG

この後、また佐多岬のほうに向かいました。

次回に続きます。


nice!(55)  コメント(25) 

大島紬・鶏飯 [観光スポット(鹿児島県)]

IMG_3736.JPG

1月の寒い冬、紅葉がこの部分だけ残って、きれいな色を保っています。

「奄美の里」の続きです。

大島紬の織られるところや展示などを見学しました。

IMG_3693.JPG

生地一反をつくるのに、必要な糸の長さは、鹿児島中央駅から函館駅までとのこと。

IMG_3696.JPG

すごい長さですね。

生糸ができるまでにも時間がかかります。

IMG_3698.JPG

大島紬は、染液の抽出、そして染色など、製造工程は実際には30~40の工程があり、

多くの人々の技と力を経て、長い年月を刻んだ後にはじめて誕生します。

大変な作業ですね。

織られている作業も見学できます。

IMG_3695.JPG

あじわいのある模様が出てきています。

IMG_3700.JPG

着物などの展示もたくさんありました。その一部です。

IMG_3703.JPG

IMG_3704.JPG


蘇鉄の葉や実の模様「龍郷柄」の着物

IMG_3709.JPG

IMG_3710.JPG

これに似た着物を、生前、実家の母がよく着ていました。

母の面影が浮かぶ着物です。


IMG_3712.JPG

IMG_3711.JPG

嵯峨野の紅葉

IMG_3717.JPG

平等院鳳凰堂

IMG_3721.JPG

美しい着物を見ながら、昨年の11月に行った京都のことが思い出されます。

大島紬の素晴らしい作品に、目が奪われることでした。

すごく高価なのもわかるような気がします。


南の島の交易に使われていたマーラン船なるものも展示してありました。

IMG_3723.JPG

IMG_3722.JPG

二枚帆を張ってすべるように走るマーラン船。

大正時代の頃まで大活躍だったことでしょう。



ロビーのところに、白く平たい丸い石を積み上げてできた美しい壁がありました。

IMG_3725.JPG

IMG_3726.JPG

IMG_3727.JPG

奄美の里のレストランで、奄美の伝統料理「鶏飯(けいはん)」を食べました。

IMG_3731.JPG

7.jpg

ごはんの上に、エビ、鶏胸肉、椎茸、たまご、 漬物、青ネギ、刻みのりなどをのせて

出し汁をかけて食べます。

am1.jpg

やさしい出し汁に、たくさんの具材がマッチして、とても美味しいです。

最後に、麺を出し汁の鍋に入れて、しめで食べました。

am.jpg

あっさりとしたラーメン麺で、こちらも美味しかったです。

洋食のレストランもありますが、こちらはこの日は貸し切りでした。

am3.jpg

敷地内には、バッティング、ボルタリング、卓球、ビリヤード、カラオケなどの施設もあり

家族や友人たちと楽しめそうなところもあります。

IMG_3737.JPG


奄美大島の雰囲気が味わえる「奄美の里」での一日でした。

IMG_3724.JPG




nice!(52)  コメント(20) 
前の10件 | - 観光スポット(鹿児島県) ブログトップ