So-net無料ブログ作成
観光スポット(大分県) ブログトップ
前の10件 | -

日田大山梅まつり [観光スポット(大分県)]

IMG_4590.JPG

日田の大山では梅まつりも開催されていました。

大山で、梅の栽培が始まってから、約半世紀とのこと。

愛情込めて育てられた梅の木が、1万本くらいあるそうです。

IMG_4586.JPG

見渡す限り、広大な土地に、梅の木が植えてあります。

IMG_4597.JPG

古木のゴツゴツした幹や枝ぶりも良いですね。

IMG_4591.JPG

IMG_4601.JPG

IMG_4595.JPG

IMG_4606.JPG

IMG_4607.JPG

IMG_4604.JPG

籠の売りものとも良い感じです。

IMG_4587.JPG

梅祭り会場の先に進むと、「梅ひびき」という宿泊施設や温泉、そして売店などもあります。

IMG_4613.JPG

IMG_4618.JPG

温泉施設の入り口にも、きれいに梅が生けられています。

IMG_4621.JPG

温泉もとても気持ちが良かったです。

u2.jpg

屋外に出てから撮った山の写真。

IMG_4632.JPG

露天風呂からも見えていた景色です。

「愛の梅」と「学びの梅」がありました。

IMG_4633.JPG

IMG_4625.JPG

IMG_4627.JPG

IMG_4628.JPG

IMG_4629.JPG

IMG_4630.JPG

清楚な梅の花が、青空に映えて美しいです。


種類の多い梅酒や梅干しの売られている売店です。

IMG_4636.JPG

入り口には、見事な盆栽も置かれてありました。

IMG_4635.JPG

ここで、薔薇のリキュール(期間限定)と梅干しを買いました。

また、いつか載せたいと思います。

これから、いただくときを楽しみにしています。


日田の風情ある町並みを楽しんだ豆田町に、大山の梅まつり

良い時期に来られて良かったです^^



nice!(47)  コメント(15) 

日田豆田町歩き② [観光スポット(大分県)]

IMG_4531.JPG

日田町歩きの続きです。

IMG_4518.JPG

ギャラリーでは、「吉祥展」の展示がありました。

時代を感じる階段を上がっていきます。

IMG_4530.JPG

IMG_4521.JPG

明治時代の丸帯でできているようです。

IMG_4523.JPG

半跏思惟像

IMG_4524.JPG

IMG_4527.JPG

IMG_4526.JPG

IMG_4528.JPG

手の込んだ味わいのある創作展

創り手の方の思いが伝わってくるようです。

ピンクの梅やジンチョウゲも、道路の脇の入ったところに、きれいに咲いていました。

IMG_4532.JPG

IMG_4533.JPG

IMG_4541.JPG

薫長(くんちょう)酒造

IMG_4549.JPG

入り口の杉玉

IMG_4559.JPG

IMG_4558.JPG

酒造資料館の中のほうです。

IMG_4554.JPG

新酒の試飲もいろいろできます。

IMG_4561.JPG

味噌、醤油などのお店

IMG_4565.JPG

味噌スープやいろんな醤油などの試食もできます。

お店製品の雛段もありました。

IMG_4570.JPG

レトロで美しい建物を見ながらの歩きも楽しいです。

IMG_4574.JPG

観光案内所も、お店のような感じです。

u5.jpg

以前歯科医院だったところも、交流館になっています。

u6.jpg

IMG_4577.JPG

IMG_4578.JPG

お店のあちこちで、「おきあげ雛」も見ることができました。

IMG_4581.JPG

IMG_4569.JPG

おきあげ人形は、江戸時代後期から昭和30年代頃まで、筑後川流域で親しまれたもののようです。

日田でも、「手工業」として製造販売していた歴史があります。

IMG_4582.JPG

「雛」にまつわるものから歌舞伎の場面にいたるものまで、多様に生み出されているようです。

パーツごとに、1個1個作っていき、厚紙の上に綿をのせ、和紙、布などで包んでいきます。

そしてパーツを立体的に重ねてくっつけていく作業のようです。

珍しい「おきあげ雛」と思うことでした。

日田ならではの、通路でみつけた「下駄」の停止の案内です。

IMG_4583.JPG


日田の昔ながらの文化にふれられたような、そんな町歩きでした。


nice!(51)  コメント(22) 

日田豆田町歩き① [観光スポット(大分県)]

IMG_4467.JPG

大分日田豆田町では、3月31日まで「天領日田おひなまつり」が開催されています。

城下町としての「豆田町」は、江戸時代初期から、江戸幕府の直轄地(天領)として栄えました。

碁盤目状の町並みには、旧家や資料館が立ち並んでします。

莫大な財を成した豪商たちが。京都や大阪などで買い求めた絢爛豪華な雛人形が現存しています。


IMG_4471.JPG

日田は下駄の町としても有名です。

IMG_4468.JPG

豆田町散策。 歴史と伝統を感じます。

IMG_4474.JPG

IMG_4475.JPG

IMG_4476.JPG

店頭にある石でできたお雛様

IMG_4477.JPG

漆喰の面白い壁

IMG_4478.JPG

IMG_4479.JPG

喫茶店になっています。

IMG_4480.JPG

「天領日田はきもの資料館・日田創作和紙人形会館」 にあった大きな下駄

IMG_4482.JPG

IMG_4485.JPG

オリンピックで活躍した小平さんの訓練に使われた下駄もありました。

IMG_4489.JPG

IMG_4488.JPG

昭和の子供下駄

IMG_4510.JPG

ほとんどの人が、下駄で生活した時代もありましたね。

歴史を感じる雛人形

IMG_4492.JPG

IMG_4496.JPG

伝統工芸士の素晴らし籠も展示してあります。

IMG_4495.JPG

IMG_4494.JPG

和紙でできお人形たち


IMG_4497.JPG

IMG_4501.JPG

IMG_4498.JPG

ガラスも美しいです。柔らかい日差しがお人形を照らしています。

IMG_4499.JPG

IMG_4502.JPG

美しい絵がらの唐箱

IMG_4503.JPG

アンティークなランプもおしゃれです。

IMG_4506.JPG

年代物のミシンに飾られているのも、また趣きがあります。

IMG_4508.JPG

IMG_4509.JPG

IMG_4511.JPG


小京都と言われる町並み、歩くだけでホッと和むようなレトロなところです。

IMG_4515.JPG

IMG_4516.JPG

また次回に続きます。




nice!(44)  コメント(14) 

四浦半島の河津桜とメジロ [観光スポット(大分県)]

a3.jpg

大分津久見の四浦半島の河津桜を、前記事で載せましたが、

桜と一緒にメジロも撮れました。

IMG_4312.JPG

メジロは、かわいいですよね^^

IMG_4318.JPG

IMG_4323.JPG

特徴的な目の周りの真っ白な色もきれいだし、

何より、羽根のグリーンも良い色ですよね^^

以前、梅の花によく来ているメジロは見たことがありますが、桜の花に来ているのは

あまり見たことがなかったので、嬉しいメジロの撮影になりました。

桜の花に、顔を突っ込んで、一生懸命蜜を吸っています。

IMG_4338.JPG

津久見のお菓子も買いました。

tu1.jpg

「花ふくさ」という名前のお菓子です。

ピンクにグリーン、黄色のきれいなお菓子です。

さっそく、珈琲とのお茶タイムです。

IMG_4437.JPG

ふわっと口にひろがる、白あんと黒あんのお菓子です。


河津桜だけでなく、メジロとの出会いも嬉しい、四浦半島でのお花見でした^^

tu.jpg



おまけに、車で走行中、畑に来ているキジを見ることができました。

IMG_4259.JPG

一生懸命、何か餌を見つけて食べていました。

IMG_4260.JPG



nice!(49)  コメント(18) 

四浦半島 河津桜 津久見 [観光スポット(大分県)]

IMG_4297.JPG

ちょうど一週間間になりますが、大分の津久見に行ってきました。

四浦半島の河津桜を見に行ったのです。

IMG_4277.JPG

IMG_4284.JPG

過ごしやすい穏やかな日でした。

風光明媚なところだなと感じいることです。


うみねこもいました。ほんと、にゃあにゃあと猫のような鳴き声です。

IMG_4285.JPG

IMG_4298.JPG

今年は、寒さで、例年よりだいぶ開花が遅れているようですが、

場所によっては、きれいに開花していました。

IMG_4296.JPG

ここ四浦半島には、4000本以上の河津桜の木があるようです。

越智小学校のところです。

IMG_4362.JPG


IMG_4375.JPG

ここでは、牡蠣などを焼いたり、サザエご飯なども食べれます。

IMG_4363.JPG


IMG_4365.JPG


IMG_4366.JPG

焼き牡蠣は、ぷりぷりとして、サザエご飯の風味も良く、とても美味しかったです(^_^)

お味噌汁には、クロメという海藻が入っていて、これもこちら大分の特産物のようです。


天満社のところです。

IMG_4401.JPG

鳥居と河津桜のコラボが、良いです。

桜の下には、黄色のオキザリスも咲いています。


IMG_4402.JPG


ピンクと黄色で、春らしい色あいです。



IMG_4403.JPG


IMG_4407.JPG


のどかな海辺の町の春の到来。

まだまだ、寒い日もあったりと、気候は変化しますが、

確実に季節は巡っていきますね(^_^)

IMG_4388.JPG

IMG_4423.JPG

IMG_4427.JPG


河津桜にメジロもきて、嬉しい写真を撮ることができました。

また、次回に続きます。


今日は、ひな祭りですね(^_^)

4F3DA22C-17C3-46EE-8EF5-2BF3F87943FD.jpeg

和布で作られた、かわいいウサギのお雛様です。







nice!(53)  コメント(22) 

臼杵 料亭山田屋 [観光スポット(大分県)]

IMG_4810.JPG

 臼杵の石仏を見た後に、料亭山田屋に行きました。

 明治38年創業の老舗料亭です。

 入口には、梅の花が咲いていて、清らかな花たちが出迎えてくれます。

IMG_4813.JPG

 ここ臼杵は、フグ料理でも有名です。

 豊後水道で獲れたトラフグをはじめ、海の幸に恵まれたところです。

 なかなかフグ料理は口にする機会が少ないですが、息子の帰省に合わせていくことにしました。

 店内に入ると、見事な風情ある生け花があります。

IMG_4845.JPG

 通されたお部屋の襖絵も、季節の花々で彩られています。

IMG_4817.JPG

 

 フグコースのお料理たちです。

 前菜

IMG_4819.JPG

 箸置きもフグのかわいらしいものです。

IMG_4820.JPG

 フグ刺し

IMG_4822.JPG

 弾力のある淡白な絶妙な味わいのお刺身です。

 ポン酢で食べますが、肝も入れ味わう美味しさはまた格別です。

 ヒレ酒

IMG_4821.JPG

 主人は運転でしたので飲めませんが、息子が美味しく味わっていて、お酒の弱い私は

 味見程度に飲ませてもらいましたが、香りもよくて、すっきりした風味のあるお酒です。

 フグ白子焼 美しい陶器の入れ物に入っています。

IMG_4827.JPG

 とろりととろける味です。

 フグ唐揚げ

IMG_4829.JPG

 焼きフグ

IMG_4831.JPG

 フグ寿司

IMG_4840.JPG

 ちり鍋

IMG_4841.JPG

IMG_4842.JPG

 雑炊

IMG_4844.JPG

 フグ尽くしの贅沢なお料理たち

 美味しいねと、何回口にしたことでしょう。

 顔をほころばせながらの、楽しく会話もはずむ美味しい時間でした。

 最後のデザートです。

IMG_4847.JPG

 室内から見える中庭の雰囲気もとても素敵でした。

IMG_4836.JPG

 ここにも梅の木があり、美しいたたずまいに花を添えています。

IMG_4834.JPG

IMG_4833.JPG

 フグ料理を堪能しながら、ゆっくりと時間がながれていきます。

 生け花の隣には、山頭火の句もありました。

IMG_4846.JPG

 「これが河豚かと食べてゐる」

 フグ料理は、やはり特別に感じるお料理です。

 料理が運ばれてきて、ときどき女将さんが来られ、料理の説明を交えたりしながらの

 臼杵の街にまつわるお話など、会話のおもてなしも心温まる感じでした。

 
 臼杵の山田屋が本店で、大分市と東京西麻生にもお店があるようです。

  
 フグのご馳走はもちろんのこと、素敵なたたずまいのお店で、

 心地いい時間の贅沢も味わえた貴重なひとときでした。



 

臼杵石仏 [観光スポット(大分県)]

IMG_4717.JPG

 息子が帰省したときに、大分の臼杵にも出かけました。

 私と主人は、昨年の3月に行ったりしましたが、息子は初めての場所です。


 国宝臼杵石仏の入り口のところには、梅の花が開いていました。

IMG_4718.JPG

IMG_4726.JPG



 ひっそりとたたずむ石仏たちの場所にも、梅はよく合います。

 「観音の水」というものがあり、

IMG_4729.JPG

IMG_4722.JPG

 水面の下には、石の観音様がおられました。

IMG_4723.JPG

 ホキ石仏や山王山石仏を一緒に、拝みながら廻っていきます。

 ホキというのは、がけという意味の地名のことです。

IMG_4731.JPG

IMG_4734.JPG

 美しいお顔の石仏

IMG_4736.JPG

 
 昨年訪れた時には、古園石仏のところが改修工事中で見られなかったので

 今回間近で見られて良かったです。

IMG_4738.JPG

IMG_4742.JPG

IMG_4744.JPG

 端正なお顔立ちの石仏です。 心落ち着く石仏たちの姿です。

IMG_4745.JPG

 古園石仏のところは、高台にあり、そこから下を見た眺めです。

IMG_4750.JPG

 奥のほうに、満月寺が見えます。

 石仏の場所から、先のほうに進むと、「化粧の井戸」があります。

IMG_4754.JPG

IMG_4774.JPG

 顔にみにくいあざのあった玉津姫が、この井戸で顔を洗ったら、

 きれいにあざがとれ絶世の美女になったとの言い伝えがあるようです。

IMG_4775.JPG

 この近くにも梅の花がきれいに咲いていました。

 時折雨模様の日でしたので、雫をうけて咲いていました。

IMG_4762.JPG

 大分は、カボスでも有名ですが、足元の蓋もカボスの絵柄です。

IMG_4783.JPG


 椿の向こうに満月寺が見えています。

IMG_4788.JPG

 正面からの眺めです。

IMG_4792.JPG

 二基の仁王像は、ひざから下は地中に没していて、外側に体をひねり、

 顔の表情も、よく見る威厳のある仁王様と比べると、なんだか親しみやすく

 ほのぼのとしたものを感じることです。

IMG_4791.JPG

IMG_4790.JPG

 お庭には、蝋梅も咲いていて、近づくといい香りが漂っていました。

IMG_4794.JPG

IMG_4795.JPG

IMG_4799.JPG

 ここで、主人と息子はおみくじをひきましたが、どちらとも大吉で喜んでいました。

 私は、正月に神社でひいたときに大吉だったので、ここではもうひきませんでした。

 菜の花も咲きだしていて、暖かい春がそこまで来ているなと思うことです。

IMG_4800.JPG

IMG_4802.JPG


 臼杵は、ふぐの街としても知られています。

 また次回に続きます。


野の花  車からの紅葉 [観光スポット(大分県)]

IMG_2441.JPG

 吾亦紅(われもこう)の花です。

 マロンと散歩によく行く河川敷のところに咲いていた吾亦紅です。

IMG_2450.JPG

 派手さはないけど、味わいのある好きな花です。

 数年前に河川敷の土手で初めて見つけました。 種が飛んできたのでしょうか。

 それから年々、株があちこちに出てきて、たくさん増えてきています。

 咲くころは見つけるのが楽しみです。

 
 野菊やイヌタデなどの草花たちです。

IMG_2442.JPG

 アレチハナガサという紫の花もよく見ます。

IMG_2454.JPG

 少し、スターチスの花にも似ているかなと思うことです。

 散歩中に見かける、道端の花たちもとても可愛らしいです。


 前記事まで、大分の紅葉を載せましたが、

 その帰りに、車から撮ったりした紅葉の様子です。

IMG_3075.JPG

 ススキもある、なだらかな小山たち

IMG_3085.JPG

 黄色い山肌の、気持ちのいい眺めです。

IMG_3087.JPG

 道を彩る紅葉たち。車中から撮っています。

IMG_3094.JPG

IMG_3095.JPG

IMG_3103.JPG

 広がる草原、そしていろいろな色を出して、たなびくように生えている木々たちです。

IMG_3116.JPG

IMG_3118.JPG

 山の裾野の美しい光景

IMG_3111.JPG

 白っぽくなったススキたちも、良い味を出しています。

 秋から冬に移行しようとしている豊かな自然の様子。

 気持ちの贅沢を感じるひとときです。





湯布院 (金鱗湖周辺の紅葉) [観光スポット(大分県)]

IMG_2979.JPG

 湯布院の金鱗湖です。代表的な観光スポットの一つです。

 儒学者の毛利空桑が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたようです。

 湖周辺の紅葉が、とても美しかったです。


IMG_2961.JPG

 シャガール美術館の前のモミジも、赤く色づいています。

IMG_2987.JPG

 湖の周辺を歩きながら、素晴らしい紅葉の風景を楽しむことでした。

IMG_2991.JPG

 温泉リゾートとしても有名な湯布院

IMG_2976.JPG

 山のほうには、温泉地特有の湯けむりが、あちこちから立ち昇っているのも見えます。

 アメリカフウ(モミジバフウ)の木立もあります。

IMG_2977.JPG

 落ち葉も素敵です。

IMG_2973.JPG

 水面に映る、山や紅葉した木々、建物、その美しさに見入ってしまいます。

IMG_3070.JPG

IMG_3071.JPG



 金鱗湖の周りを散策した後、お店の方へ行きました。人で混んでいます。

 おしゃれなレストランやお土産屋さんが、道の両側に長屋のように立ち並んでいるところを

 歩くのも、また湯布院の魅力的なところです。

 ショッピングや食べ歩きの楽しめる場所です。

IMG_3000.JPG

IMG_3003.JPG

IMG_3011.JPG

IMG_3012.JPG

IMG_3013.JPG

IMG_3016.JPG

IMG_3019.JPG

IMG_2999.JPG

 お店が、バラエティーに富んでいて、ウィンドウショッピングだけでも楽しめるし

 お土産などにもどれにしようか迷ってしまうくらいの豊富さです。

 あるお店やさんの中には、池もあって鯉もたくさんいました。

IMG_3030.JPG

 色づいた木に、呼応するかのようにして、池にも鮮やかな紅葉を感じさせてくれます。

IMG_3031.JPG

 オレンジ色に染まっています。

 川のところには、白い鷺がじっと佇んでいました。

IMG_3039.JPG

IMG_3040.JPG

IMG_2981.JPG

 ちょっと遅めに食べた、鴨セイロ蕎麦です。

IMG_3063.JPG

IMG_3056.JPG

 2段になっていますが、喉越しがよくて、鴨の肉の入ったつゆの味わいも良く

 美味しくいただくことでした。



 湯布院は、夏に来たことはありますが、紅葉の時期は初めてでした。

 この色彩豊かな美しい時期に来られて、感動ものでした。

 シーズンシーズンで、湯布院の街の魅力も違っていて、それもいいですね。





湯布院 茶房「天井桟敷」 [観光スポット(大分県)]

IMG_2890.JPG

 耶馬渓から向かった先は、湯布院です。

 着いてからの、金鱗湖周辺の紅葉の美しさは、感動ものでした。

 金鱗湖へと流れる川の橋のところです。

IMG_2892.JPG

 傷んだ葉がほとんどなく、近くで見てもとても鮮やかな美しさです。

IMG_2888.JPG

 赤、オレンジ、黄色、グリーンといろいろな色の混ざった美があります。

 亀の井別荘の敷地内にある、茶房「天井桟敷」に行きました。

 ここは、人気もあり、待っていらっしゃる方も多くて、前回訪れた時は、入るのをあきらめたところです。

 今回も待ち人がいらっしゃいましたが、順番を取って入ることにしました。

IMG_2899.JPG

 江戸末期の造り酒屋の屋根裏を改築されたお店です。

 階段を上がったところに入り口があるのですが、そこから見た大きな紅葉の木です。

IMG_2902.JPG

 雰囲気のある素敵な店内です。

 通されたところは、上の階にある「ひっそり桟敷」です。

 何だかラッキーな気持ちになります。

 そこからの眺めです。

IMG_2909.JPG

 奥のテーブルの方々が出られたので、そちらの方を撮りました。

IMG_2929.JPG

 本棚もあります。

 ここのスペースでは、私たちのところを含めて、テーブルセッティングが2ヶ所だけになっています。



 最初のお絞りやお水は、下から手動の移動する板(リフト)に乗って上がってきます。

IMG_2913.JPG

 それも、変った趣向で、ちょっとワクワク感があります。

 11時くらいだったので、お昼前のちょっとしたお腹満たしみたいな感じで「鴨サンド」を

 分けて食べることにしました。


IMG_2925.JPG

 鴨肉が絶妙に美味しいサンドでした。一緒についてきたリンゴのコンポートも、ちょうどいい甘さです。

 珈琲は、ヨーロッパ風に深煎りしてあるようで、香りも風味もいいです。

 見下ろした窓向かいの半円のテーブルのところからは、外の紅葉が間近に見えます。

IMG_2914.JPG

IMG_2922.JPG

 この席から、外を眺めながらのお茶のひとときもいいですね。

 店内には、礼拝用音楽グレゴリオ聖歌が重厚な感じで流れていて、このお店に、とても合っていて

 異空間にいるような、何とも言えない癒しの雰囲気です。心地良くなります。

 時間が許されるのなら、じっとここで佇んでいたいような気持ちにもなります。

 この茶房は、夕方の6時までで、午後7時からは、同じ空間で「Bar山猫」にかわるようです。

 バーでの流れる時間も、落ち着くいい雰囲気なんだろうなと想像することです。

 
 茶房を出た後は、周辺を歩きながら、感嘆の声がもれつつ写真を撮らせてもらいました。

 天井桟敷の前のお食事処「湯の岳庵」のところです。

IMG_2907.JPG

 茶房「天井桟敷」の前です。

IMG_2959.JPG

 屋根に積もった落ち葉。 このとき、ちょっと雨が降りだしました。

IMG_2906.JPG




IMG_2935.JPG

IMG_2937.JPG

 旅館のほうです。

IMG_2941.JPG

 緑の苔と色鮮やかな紅葉との組み合わせも素晴らしいです。

IMG_2946.JPG

IMG_2949.JPG
 
IMG_2950.JPG

 和の秋色を感じさせる素敵な光景です。

IMG_2939.JPG

 
 記事が長くなってきたので、次回に金鱗湖周辺の紅葉を載せたいと思います。



前の10件 | - 観光スポット(大分県) ブログトップ